FrontPage

オルレイアの街

「どんな風になってるんだろう」「どこになにがあるんだろう」
そんな疑問に答える為(?)のページです。

概図

#ref(): File not found: "map.jpg" at page "オルレイア"

A地区

B地区

C地区

D地区

E地区

F地区

リルズ神殿

アステリア神殿

ティダン神殿

G地区

主としては高級住宅街。
しかしその内に、始祖神とその配下であるザイアの神殿を抱えており、他の地区からの信者の礼拝も多い。
また、高級品を取り扱う商店なども多い為、何だかんだで冒険者が出向く事も多いのかもしれない。

高級住宅街

オルレイアでもそれなりの地位を持つ住民の住む一帯。
もっとも、オルレイアでは所謂『貴族』が殆どいない為、主な住人は一部の商人や高官などということに。
その手の人たち向けに、高級品を扱う商店もぽつぽつと存在。貧乏人には目の毒です。

ザイア神殿

質実剛健な“騎士神”ザイアの神殿。
常に詰めている『神官』の数は少なく、その神官の質にしても武官寄りである。
とは言え、信者の層から想像出来る通りに詰めている神官は元衛兵や騎士など、それなりの要職にあった者も多く、経験などから得た知恵を拝借しに行くには適している。

ライフォス神殿

“始祖神”を奉る地。国教であるティダン神殿よりもその規模は大きい、とされている。
他の地のライフォス教団の多くと同じく蛮族との戦いには積極的であり、大掛かりな競り合いになれば、戦場に神官を派遣することをオルレイア国王と約束している、と言われている。

H地区

オルレイア居城。平常時は出入りは禁止。
祭の時などには解放されることもある。

I地区

一言で言えば兵舎通り。
それに加えて、兵士向けの店や関連した建物なんかがごっちゃりと詰め込まれた素人お断り空間。
通称は“蛇の道”

衛兵管理詰め所

衛兵達への伝令などを一括管理する為の施設。
基本的に、各門にそれぞれある実務的な詰め所への伝達事項は、一度ここに集まる事になるらしい。
所在地はG地区との入り口より入り込んで間もない場所。

傭兵ギルド乱立地帯

上記の詰め所から、もう少し踏み入った場所。「傭兵」と呼ばれる人種の集まった空間が存在する。
オルレイアという“国の卵”が兵力を必要としているだろうと目を付けた、多くのギルドが入り込んできた為に出来た一種の無法地帯。
もう暫くすれば自然と淘汰されて幾つかのギルドだけが残るのだろうと言われている事を思えば、現在の様相はそれはそれで貴重なものなのかもしれない。

工房

大量生産品ではない、特注品なんかを主に手掛ける工房の集まり。個人で商店を営んでるような職人気質から、他の店の下請けで糊口を凌いでいる者まで様々。
オーダーメイドや専用化。銀武器なんかはこの辺りの方が質はいいのが手に入るとか。
当然のごとく、周辺の空気はお世辞にも綺麗とは言い難い。

グレンダール神殿

武人軍人ドワーフに料理人。様々な分野の人々から信望される“炎武帝”の神殿。

J地区

アウトサイド


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-24 (日) 21:47:53 (3011d)