作成した設定

ユートリス

場所
オルレイアから西に二日
概要
オルレイアの西のムーラ河の畔に位置し、ミラボアへと向かう際に渡る橋を守る都市です。
元々はオルレイア~ミラボア間の交易ルート上にある少し大きな宿場街でした。
しかし、ムーラ河にかかっている橋の戦略的な重要性から軍隊の駐屯地として整備が進み、
その軍隊が消費する物資を供給するために職人や商人があつまりました。
結果として、工業が盛んで商業も発達した都市となったようです。
信仰は特定神が信仰されておらず、様々な神の祠が作られています。
三行説明
・ムーラ河の橋を守っている街。
・商業と工業が発達していて賑わっている。
・橋を守る守備隊から依頼が来る事がある。
街の構造
商業区画、工場区画、居住区画、守備隊駐屯地にわかれています。
フレーバールール
剣のかけらを納める等の善行を行った神官は1d人の信徒を得ることができます。
累計で50人を越えると、祠から小規模の個人住宅と同等の施設になります。
また、Lv4の神官が神殿に常駐するようになります。
累計で200人を越えたなら神殿の規模が中規模の邸宅と同等の施設になります。
街から一日の範囲ではMPの増加が発生しなくなります。
また、Lv7の神官が神殿に常駐するようになります。
現在の信徒の数
始祖神太陽神賢神妖精神炎武帝騎士神月神風来神酒幸神慈雨神
人数000010001060
水神融合神纏いの神剣神器械神韋駄天戦勝神秘隠神刃神
人数006000000
増加する基準
・剣のかけらの納品
・ユートリスに益する功績
・目に見える慈善活動
*調整中

ユートリスNPC

副司令 ユーコン・ダグラス(人間/男性/25歳)コネクション(顔見知り50/友人100点/貴重な友人200点)
司令官が未着任のユートリス守備隊を率いる副司令です。
元々はオルレイアの文官であり、出世コースを駆け上がっていましたが左遷されました。
文官としての経験を生かしユートリスの問題事(雑用とも言います)を一手に引き受けています。
依頼人として冒険者と関わることも多いでしょう。
(技能:ウォーリーダーセージプリースト)
漁師ギルド "河竜"ゴルリア(リルドラケン/男性/120歳)コネクション(顔見知り10/友人50点/貴重な友人100点)
漁師ギルドのご意見番をしているリルドラケンです。
ユートリスが出来る前から漁師をしていて、そのためそこそこの立場にいます。
本人は日々を暮らせる金が手に入ればいいと積極的に利権争いには参加していません。

FrontPage


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-02-28 (木) 02:52:39 (2831d)