【ミミッキュの住まう楽園&リーリエたんペロペロ♪(修正版リミックス)】



作者 来る? イーブイ





短編小説大会で二票入れていただいたのをきっかけに、

ますますケモポケ(一部)と女性(ょぅじょ)が好き(性的な意味で)になった

来る? イーブイでございます!

今日も元気に生き生きしております!


さて、今回の作品も来る? イーブイクオリティ爆発でございます!




この作品は、”ミミッキュ”に関する、思いっきり独自解釈があります!


そして、毎度お馴染み強烈な”エロ”表現は健在!
コチラにまとめております!



         【主な内容】

ホラーなょぅじょ?  VS  ポケモントレーナー(野郎)




ホラーなょぅじょ? が ポケモントレーナー(野郎) にするエロ表現


お漏らし    基本中の基本! ちなみに、大きい方は、無いんです。グスン……。


ハダカ     つ最高の芸術やね♪


香り発散    リアルですれちがうと、幸せになれます♪ クンカ、クンカ♪


フェラ     ょぅじょのフェラ……♪ ムフフ……♪


飲尿      ょぅじょの飲尿……♪ ウヘへ……♪      


飲精      ょぅじょだけど、できるの? ……できるもん!


拘束      ょぅじょに拘束……!? されたいお……♪



ポケモントレーナー(野郎) が ホラーなょぅじょ にするエロ表現



クンニ     「」


飲尿      「」


ハダカ     「」


喘ぎ声     「」



読者様「あれ? ”人間”側のエロ表現には、説明がないんけー? おいw」



そして、この作品に登場するょぅじょは、

ただものでない……! こんな芸当も……!



出産      ょぅじょの出産? なん……だと! ……間近で見てみたい!



そして、ホラー表現、トラウマ表現もありますので、くれぐれもご注意を!!!!!





あと、『” ”』って、便利ですねー♪

今回、いっぱい使っちゃった!



読者様「そう!””””””””””””””””””””””””””””ですねー! ……すかみご」










  ”人間界”と”あの世”の境に、アローラ地方で新たに発見されたポケモン、”ミミッキュ”の住まう”楽園”が存在する。”楽園”は、”人間界”とそっくりな構造をしているが、形状がどこかおかしく、いつまでも夜が続き、そして暗い。それはまるで、ピカチュウを模したミミッキュの特徴を表しているかのようだった。もっと簡単に言えば、世界が”バグ”っているような。この世界に、1000体を越えるミミッキュ達が暮らしている。だが、所々に人間の屍が見られる。これは、ミミッキュ達が”人間界”から連れてきた人間の”ナレノハテ”だったのだ。ここは、アローラ地方にある通称”お化け屋敷”。外観から漂うその不気味さは、シンオウ地方の名所、”もりのようかん”にも匹敵。この”お化け屋敷”にまた一人、レアなゴーストポケモンを捕まえようとトレーナーが踏み入るーーートレーナーは探す。一心不乱に探す。無数のゴーストポケモンから逃げながら、探す。道に迷いながらも探す。目的は一つ。目撃例があまりない、ミミッキュの捕獲。トレーナーは疲れ始めた。それでも、疲れを押し殺し、屋敷内をしらみ潰しに探す。そして、”それ”はついに現れた。物陰から飛び出してきたポケモン。間違いなく、ミミッキュだった。だが、トレーナーはポケモンをけしかけようとはせず、両手でミミッキュを無理矢理押さえつける。トレーナーは興味があった。ミミッキュの”中身”に興味があった。風のウワサでは、ミミッキュの”中身”を”覗く”と、謎の病気にかかってしまうという。そんなこともお構いなしに、トレーナーは、必死に覗こうとする。ボロボロの布切れの内側から感じる、嗅ぎ慣れた”体臭”。”疑惑”は、”確信”へと変わり、両手の動きを加速させ、”欲望”に拍車を掛ける。悪戦苦闘しながらも、布切れをめくり上げ、ついにミミッキュの”中身”を覗いた。次の瞬間ーーートレーナーは歓喜した。「やっぱり! うおおおおおおおおおお!」大声を上げ、歓喜した。ミミッキュの”中身”は、トレーナーの望んでいた”芸術”だった。正体を見られたミミッキュの目が怪しく光り、トレーナーの手首を耳で掴み、そのまま一緒にーーー

読1「このクソ改行を作ったのは誰だぁ!?」

読2「なんだぁ!? この改行はぁ!?」

読3「下からくるぞぉ! 気をつけろぉ!」

 ”楽園”へと瞬間移動。謎の世界へ召喚され、唖然とするトレーナーを、ミミッキュ数匹が取り囲み、仰向けに押し倒す。そしてーーートレーナーは再び”悦び”に包まれる。顔に股がるミミッキュが密着させている”モノ”ーーーそれは、幼い女児の”隠部”その”モノ”だった。なんと、ミミッキュの正体は人間=幼い女児に酷似していた。俗に言う、”ょぅじょ”である。”人間界”でやりきれない最後を遂げた”ょぅじょ”が、未練を残したままミミッキュへと生まれ変わり、”楽園”と”人間界”を行き来していたのだ。”匂い”が脳まで到達し、幸福感に包まれるトレーナー。その”見た目”も、”匂い”も、”味”も、”触覚”も、流れ出る”液体”と”恥音”も、まぎれもなく、”ょぅじょ”そのもの。ミミッキュの泣き叫ぶ声が鬼畜行為を後押しし、鼻、舌、喉を最大限に動かす。トレーナーは既に、この”喘ぎ声”を聞き慣れていたのだ。快感に溺れるトレーナーをミミッキュ数匹が強烈な追撃。両腕、両脚を押さえつけ、衣類を””きりさく””で破り取り、体に纏う布切れで全身をくすぐり始めた。ほとんど身動きが取れないトレーナーは発狂を通り越し、狂乱。遠目で様子を見ていた他のミミッキュより一回り大きいリーダー格の色違いミミッキュが、トレーナーのズボンと濡れたパンツをゆっくりと下ろし、「ねぇねぇ、おにいちゃん♪ あたち、……んちんを舐めたいの……♪」甘い声を発したあと、大きく膨張したトレーナーの”大事な所”を頬張った。そして、しゃぶる。皮を剥き、赤身を剥き出しにし、更にしゃぶりを続け、舐め続けた。喘ぎ狂うトレーナーは失禁。それでも舐める。舐める。舐め続ける。尿と唾液が口から溢れ、布切れが濡れても、お構いなしに舐め続けた。汗だくになり、足腰を妖しく動かし始めたトレーナー。我慢の限界が訪れた。ついに、”命の源”を勢い良く放出ーーーミミッキュは、躊躇いなく”命の源”を直飲み。迅速に、優しく直飲み。飲み続ける。ただひたすら飲み続ける。子孫を作るためだった。ミミッキュ達とトレーナーは、嬉し涙を溢していた。ミミッキュ達は、”人間界”から”男性トレーナー”を連れてきて、こうした”儀式”を執り行っていたのだ。目的は、一族の繁栄。このトレーナーも、ミミッキュ達がもたらした快楽の海に溺れ、”命の源”を絞り取られ続けるのだ。屍と化すまで。”命の源”をたくさん飲み終え、お腹が大きく膨れたミミッキュが、足早に”お化け屋敷”へと向かう。そして、苦も無く子孫を産み落とす。通算1239体目の子孫の誕生ーーー無垢な幼体が可愛いらしく、そしてイタイケ。ゴーストポケモンと化した”ょぅじょ”ならば、”命の源”さえあればいくらでも子孫を産み落とすことが可能。産まれたてのミミッキュ=”ょぅじょ”の濡れた肉体を、”母親”が愛を込め、優しく、優しく舐める。そして、ミミッキュ達が”ょぅじょ”だったころ、大好きだったピカチュウを模したボロボロの布切れを身に付け、”人間界”へと向かう。”お化け屋敷”へ行き、新しい”男性トレーナー”を”楽園”へ連れてくるのが目的。ミミッキュ達は”無邪気”な本能で、行動しているのだ。”小児性愛”に溺れた”男性トレーナー”が蔓延(はびこ)る”人間界”。これからもミミッキュ達、いや、”ょぅじょ”達は”楽園”で繁殖し続けるだろうーー





           ”ょぅじょ” 終 ”ペロペロ♪”





読者様「ん? まだ下に何かあるぞ……!?」





【リアル】来る? イーブイの ょぅじょ大好き!【小話】





ょぅじょ♪ ょぅじょ♪ せーんとうで、ょぅじょ♪


読者様「なぬ…だと!?」


と、いうわけで、このおまけコーナーでは、オイラの最近のマイブーム!

『銭湯とょぅじょ♪』について語ろうとおもいます!


読者様「まさか……!? こりゃあヤバスwwwBANされるぞぉwww」


銭湯と言えば ょぅじょ! これ常識!

しかしーー最近の残念な世の流れにより、

きゃわいい ょぅじょ が銭湯にやってくる光景はあまり見られなくなってしまいました…。
もちろん、『ツクシたん』のような育ち盛りのおにゃのこも……。グスン…。 


だがしかし!!!!!!!!

オイラの近所の銭湯には毎週、『高確率』で『ょぅじょ』が現れるのです!


読者様「なぬ……だとぉ!?」


もちろん、オイラがこの幸せタイムを見逃すハズがありません!

高まる気持ちを押さえつつ、オイラも毎週銭湯へ行きます……♪

純粋無垢な、ょぅじょを、求めてーー(輝く目)


読者様「ウラヤマシス! 場所を教えろぉ!!!」


しっかりアソコをタオルで隠し気を引きしめ、そして入場!!!

でもダメwwwwwこの時点でもう、モッコリしてるwwwww

この銭湯はまだ新しく綺麗で、大浴場と巨大な富士山の絵が印象的!

でも、オイラにとってもっと印象的なのは、やっぱり ょぅじょ!

今日は一人だけしかいませんでしたが、凄まじい存在感を放ってます! 

アソコがピーーーーン!

大浴場の近くで一人、一生懸命体を洗ってる! テラカワユス♪

オイラは、ゆっくり、こっそりと ょぅじょ の隣へ!

そして、体を洗う……フリをします!

でも、声かけはしないよ! 変態と思われちゃうもん!


読者様「…」


しばらくすると、あらあら不思議! あら不思議! 

シャンプーの香りを負かすほどの、ょぅじょ の香りをほのかに感じるよ♪

くんか♪ くんか♪

ホントーに、香りがキツメなのね♪ ょぅじょって♪ ムフ、ムフフフフ……♪

タオルでも隠しきれないほど、立ってきた、きた……♪

頭と体を洗う『フリ』を続け、うるわしき ょぅじょ をチラ見、チラ見……♪

目にも止まらぬ早業で、チラ見、チラ見……♪


チラーミィ「呼んだ?」


自分のモノがおっきく、そしてカタくなるのを楽しみつつ、チラ見、チラ見……♪


読者様「ゴクッ……♪」


していると!?!?!?!?!?

なんと、オイラの隣にやってきたのは『ヤーさん』!!!!! デデドン!(絶望)

大急ぎで大浴場に緊急避難しました!


読者様「ド変態ザマァwwwwwwwwww」


ぐうぅ!? ムキ出し気味状態での突然の入浴は、ツライ……! ピリピリするぅ……↓↓↓↓↓

しかし! それでもヤーさんの桜吹雪より、ょぅじょのハダカに目が行ってしまいます!

そして、モノはより、大きく成長すーー これも、ロリ……いや、来る? イーブイの性か…。

だがしかし!!!!!(二回目)

ヤーさんが隣にやって来たことにより、これも断念せざるを得ませんでした……。

トホホ……。そして、臆病風に吹かれ、そのまま退場……。モノが痛いお……。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今日は、日が悪かったようです……。

でもいいや! ょぅじょ と一緒に過ごせただけでも、オイラは幸せですう!

このエロルギーが、↑↑↑のような作品を産み出してくれるのです!

これって、とっても素晴らしい事だと思いませんか……!?


読者様1「ぜんぜん」

読者様2「素晴らしいっ!」








オイラ「続きまして、リーリエたんペロペロ♪ 修正版リミックスをどぞー!」








忘れた頃にやって来るド変態作者、来る? イーブイです!

オイラ最愛のポケモンおにゃのこキャラ、リーリエたんで

100抜き記念として書きました!


読者様「そんなに抜いてばかりいると、しんでしまいますよ!」






!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
【もちろん、猛烈なエロ表現は標準装備!(主にリーリエたんの下やチク…)】
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!








ところで、UB(ウルトラビースト) って、

ポケモンでええのですか!? 教えて! 読者様!


読者様A「知るか! まだ、SM発売されておらんのに!」

読者様B「いきなり、なんぞwwwwwwww」



オイラ「UB……出てくる作品間違えてね? ゲーフリさん……?」



んで、度を越した独自解釈と電波文面が今作の特徴だそうな。

読者様「いつものことだそうな!!!!!」




※あまりにもクオリティがアレだったので

10月14日、修正再投稿しました!

なんせ、三時間で書き上げた作品だからなぁ……。

今回は、数十時間かけましたので、大丈夫!(たぶん、ね…)


読者様「ウソくさ…アホすぐる…」



修正前は、コチラ! 

[[リーリエたんペロペロ♪]]

あ~ん! ひ、比較しないでぇ……! 















 
 アローラ地方に、リーリエという元気一杯容姿端麗なおにゃのこがおったそうな。
 リーリエはククイ博士の助手として、暗く、楽しく、人々やポケモンと触れ合う毎日を送っていたそうな。
 ちなみに、パートナーのポケモンは、あの『白コン』だそうな。キャッキャムフフ♪
 でも、人々は不思議に思っていたそうな。
  
 何故、あんなに華奢(きゃしゃ)な体で息一つ切らさず動き回れるん?
 何故、あんなに読書好きでメガネ一つ掛けないるん?
 何故、食事を取らなくても大丈夫るん?
 そして、『トイレ』はいつ、してるん?(ここ重要)
 
  リーリエに対する人々の疑問は、アローラナッシーのように日に日に大きくなっていったそうな。
 それもそのはず、疑問はほぼマトを射ていたそうな。
 リーリエは、すでに人間でもなく、かといってポケモンでもなかったのだそうな。
 では、このテラ可愛いリーリエの正体って、なんぞや?
 
 その答えは、世界制服を企む悪のポケモン? ウルトラビースト(以下UB)に改造された手先だったのだー!(あっさりネタバレ)
 リーリエは、人間のフリをして人々やポケモンに接しながら様々なデータを収集し、UBに伝達していたのだそうな!
 でも、リーリエは最初からUBの手先ではなかったそうな。
 リーリエの両親は数年前、謎の失踪(動画うp主かな?)を遂げていたのだそうな。
 両親の失踪にうちひしがれ、落ち込むリーリエに空から七色の光が射しーー
 気がつくと、UBの住まう暗黒異空間(謎の場所かな?)に転送されてしまったのだそうな。
 リーリエの目の前には、リアルの世界でいう、クラゲのような巨大な生物がうごめいているっ!?
 
 リーリエ、マジビックリ! \(^o^)/
 『UB01』だーーーーーーーーーー! 
 
 そして、あえなくUB01に洗脳&改造され、リーリエは手先として生まれ変わったのだそうな。
 リーリエの容姿が、UB01そっくりなのは、こういう理由があったからなのだそうな。
 ていうか、洗脳される前のリーリエの姿は? 
 まさか? まさかスッポンポンなのかっ!?(妄想乙)
 
 今日も触れ合いという名の情報収集を終え、リーリエはUBの元へ帰還したそうな。
 星星がたくさん光輝く夜空を眺め、(テーマ、ほし)リーリエは、UBにテレパシーを送ったのだそうな!
 (UB01様……報告します……)
 天使のような可愛い声で呟くと、リーリエはあっという間にUB01の元へ!(キンクリかな?)
 UB01は、リーリエにテレパシーで話しかけたそうな!
 
 「リーリエヨ、ヨニ ジョウホウヲ ツタエヨ……」
 「承知しました。UB01様……」
 
 リーリエとUB01の瞳が同時に怪しく光り、情報を伝え終えた(赤外線通信かな?)リーリエはーー
 「ゴクロウデアッタ、リーリエ」
 「UB01様、わたくしに報酬を……」
 
 UB01に報酬を求めたそうな。報酬とは、一体……? うごごごご……!
 
 「ヨカロウ、リーリエ、アオムケ二 ナルガイイ……」
 「御意……♪」
 UB01の指示通りにリーリエが仰向けになると、静かに浮かび上がり、強力な超能力によりリーリエの衣類が剥がされていくーー
 あっという間にスッポンポンになってしまったリーリエたんの運命やいかに!?
 ウへ、ウヘヘヘへ……♪(変態自重しる)
 
 「イクゾ、リーリエ、ウへ、ウヘヘヘへ……♪」
 UB01の魔の手、いや、魔の触手がリーリエたんのアソコに襲い来る!
 ウラヤマシイ!!!(落ち着け)
 「UB01様ぁ……♪ アン、アアン……♪」
 
 UB01のヌルヌルしょくしゅぜめ! こうかはバツグンだ!
 
 強力な超能力により、リーリエたんはほどんど身動きが取れない!
 最高に気持ちよく、そして懐かしさを感じる触り心地で、リーリエたんが安心してーー
 
 <ぷしゃあ~~~~~~……ぷぷ、ぷ、ぷぷ……、ぷ……>
 
 出る『モノ』を出してしまうよっ♪
 その出したモノを、UB01は触手で優しく包み込み、一滴一片こぼさず味わう♪
 リーリエたんの出したモノは、まるで赤ん坊のように無垢で、清潔!
 ニオイもほどんど、ないんだよ♪
 リーリエたんは、赤ん坊の頃からつい最近まで、両親にアソコをペロペロしてもらうことにより、用を足していたのだ!
 普段、トイレに行かないのは、UB01に両親ソックリのもてなしを受けてもらうためなのだ!
 こういう、もてなしをね……♪ UB01のお口が、タレナガシのアソコにピッタリ、そしてチューチュー! ハッピータイム♪  
 
 「ンフ、ンフ、ンフンフ、チュパ、チュパ……♪」
 「ああん! あんん! あん! ああん! ああ~ん……♪」
 
 ツユだくならぬ、汗だくのリーリエたんの気持ちよさは、次のステップへ!
 プリプリ可愛いクリちゃんが、楽しく小躍りしているよ♪
 
 「アンッ♪ アン♪ UB01サマ、攻めて、攻め……てぇ……アアン♪ アン、アアン……♪」
 「ナンドアジワッテモ、アキヌ……ムフフ……♪」
 
 ここでUB01は反則技を使用!
 なんと!? 触手2つを静かに伸ばし、リーリエたんの『双子山』へと!
 ちっぱい可愛い! 鮮やか桃色乳首を容赦なく同時愛撫で!
 なんということをするのか!? UB01め! このド変態!
 
 吸い取られるような乳首マッサージ&アソコマッサージが、リーリエたんの快感をイッてはイケナイ領域にまで高めるぅ!
 
 「ああぁうぅ……♪ UB01様ぁん……♪ でるぅ♪ でるうぅう……♪」
 「サア、ダスノダ、リーリエ……♪」
 
 「あん、あ、ん、あん……、あ、ん、あん、あん、あんん……♪」
  <ビュ、ビ、ュ、ビュ……、ビ、ュ、ビュ、ビュ、ビュュ……!>
 
 「コレゾ、シコウノ アジワイダ……♪」
 
 ドゥロ、ドロ~リとゆっくり排出されるリーリエたんの『命の水』は、UB01にとって最高の活力源であーる!
 今日もこうしてリーリエたんから命の水を採取し、自分自身を高めるのであーる!
 「あう……あうう……♪ ゆう、びい、ぜろ、わん、さま……♪」
 「わたく、し、とて、も、しあわ、せ……♪」
 
 「オツカレサマ、リーリエ、ホウビヲ、サズケヨウ……♪」
 
 「フゥ……フゥフゥ、フゥ、フゥ……、フゥ……♪」
  
 UB01は、放心状態のリーリエたんにすっぽり覆い被さり、自分自身のモノを触手でシコると、
 虹色に輝くドロドロとした神秘的な液体を大量に産み出し、リーリエたんの全身に浴びせるーー
 リーリエたんを覆いつくし、ダラダラと滴り落ちるこの液体は、
 リーリエたんにありとあらゆる無限のエネルギーを与えてくれる。
 食事をほとんど取らなくても済むし、おにゃのこでありながら、
 トイレも一日一回で済むのだ。セーリ現象も、自由自在にコントロールできる。
 代謝も活発化し、いつまでもピッチピチのうるおいボディでいられる。
 みつ編み可愛いイエローヘアーも、ツャッツャ! 撫で撫でしたい!(おい)
 
 数分後ーーUB01が触手を器用に使い、全身ヌルヌルで疲れ果ててスヤスヤ眠るリーリエたんに付着した虹色液体を優しく、優しく拭い取る。
 それはまるで、愛情いっぱいに我が子の全身を舐める親のよう。
 拭い取りを終えると、UB01は全身虹色に光輝くリーリエたんを静かに、眺め続けた……。
 
 「リーリエタン、カワイイノウ……♪ コノコト、デアッテ ヨカッタ……」
 
 数時間後ーーハッと目を覚まし、ふわふあ欠伸と背伸びをしたあと、見事なヘッドスプリング起き上がりを披露し、
 みなぎるエネルギーで大の字リフレッシュをするリーリエたん! テラカワユス!
 
 「UB01様っ! ありがとうございましたっ!」
 「リーリエヨ、メガサメタカ……」
 
 「では、情報収集に行ってきますっ!」
 「ウム、キヲツケテナ、ワガ、ムスメヨ……」
 
 リーリエたんのニッコリ笑顔が眩しいっ! そして、
 (UB01様、いや、パパママ、ありがとう♪ グスン……♪)
 UB01にテレパシーで感謝したあと、
 
 緑瞳を光らせ、念力で空間を切り開き、元気ハツラツでアローラ地方へと向かったのだそうな!
 アローラ地方上空から、地上へ勢い良く落下していくリーリエたん!
 ……おや? リーリエたんのようすが……!?
 
 「いっけない!? お気に入りの衣装を忘れちゃった!」
 「どうしよう……!? ま、別にいっか♪」
 
 なんとリーリエたんは、こともあろうにスッポンポンのまま、
 アローラ地方へと向かってしまったのだそうな!
 
 
 
 
 んで? リーリエたんは、どうなったん?
 
 1  目測を誤り、海へ落下!(サメハダーの群れに襲われる! が、無傷)
 2  エレガントに町へ着地!(目撃者(野郎)多数、町は大パニック!) 
 
 このあとの展開は、読者様自身がご想像して、ね…♪
 
 
 
              終♪





          【♪次回予告♪】 

    来る? イーブイの次回作は、年内投稿予定?

    こいつも強烈な『エロ』小説ですぜ、ダンナ……♪



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS