Game_log

GMルール(仮)

アルケミストワークス

 採用:種族特徴の強化、絡み
 不採用:防御ファンブル

ウィザーズトゥーム

 GMが使用を明言するか、参加PLから希望が無い限り、WT掲載魔法は使用しません
 使用を希望できるのは、WTを所持しているPLに限ります。
 使用する場合、WTを所持していないPLに対しての説明責任を負います。
 PLから使用を希望してきた場合、GMも使用してくる場合もありますので注意。

 ただし、妖精魔法にはこのルールを適用しません。従来通りの魔法を使用してください。
 また、マギスフィアのオプションルールも使用しません

 このルールは、百勇亭のWTの扱い次第で変更されます。

GMのダイスロール

 通常のエネミーは、行為判定に固定値を使用します。
 剣の欠片が入っているエネミーや人族のエネミーは、行為判定にダイスを使用します。

先制、魔物知識判定

 先制判定・魔物知識判定が出来る技能(スカウト、セージ・ライダー)を持つPCが一人も居ない場合、6ゾロによる自動成功を認めます
 ただし、魔物知識では弱点値を抜くことが出来ません。

範囲攻撃の個別、一括

  対象が複数ある特技・魔法の判定は、一括で振ってください。ダメージの個別・一括は選択できます。
  《魔法拡大/数》で対象を増やした場合は、判定・ダメージ共に個別・一括の選択ができます。

一般技能

  一部の判定を一般技能で代用できます。
  可能だと思ったら、GMに申告してみてください。通るかもしれません。

オリジナル設定

タタル村

 オルレイアから1週間以上もかかる場所にある小さな村。
 村近辺でしか採取できない香木が、高級品として取引されている。
 結構な収益を上げているのだが、村長一族が倹約主義なため、いざというとき用に貯めこまれているらしい。

クロリス

 タタル村のはずれに住む女性。見た目は20代前半の人間。冒険者たちの前では、よく体調を崩している。
 あることがきっかけで、村の相談役兼守人として生活している。
 高位の妖精使いらしく、妖精を召喚して子供たちと遊ばせる光景が見られる。
 少なくとも、フェアリーテイマー12・セージ9・プリースト(アステリア)7・レンジャー5を持つ。

村の子供たち

 タタル村に住む子供たち。
 村やその周辺を遊び場にしており、異変にまず気づくのがこの子たち。
 男の子3人、女の子1人、アルラウネ1体という構成。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-24 (日) 21:44:08 (3402d)